RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

別館MMサイト

日常のありとあらゆることへのコメントなど掲載してます。つまり日記!?
<< アニメイト | main | 今日のコミックシティ >>
カルネヴァーレ2008
0
    (声優さんはキャラ名で表記してます。)

    18時5分過ぎコンサート開幕、かてきょー音頭でスタート。
    リボーン・ツナはもちろん、出演者全員が曲にあわせハッピ姿で登場。
    かてきょー音頭終了で出演者の紹介がすんだところで、雲雀・骸の「Sakura Addiction」へ。
    人気者二人の曲から始まり、いきなり会場の熱はヒートアップ!
    あとで、歌詞を間違ったことに、二人は責められ・・・。ライブならではですね。

    そのあと、京子・ハル(アニメのED映像に合わせ、タイミングよくバックでリボーン&コロネロ・ランボ&イーピンのコーラス付き)
    ランボ・イーピン(イーピンのチャイナ服)
    獄寺・山本(寸劇?を満載)のデュエット曲と続きました。
    衣装も変え、コンサートらしい雰囲気を醸し出していました。

    出演者のトークを挟み、ソロ曲の披露へすすみました。女性陣(京子→ハル→イーピン→ランボ)・男性陣(骸→雲雀→山本→獄寺)

    山本が観客席の通路をぐるっと回り、ステージに行く演出には驚きました。
    この演出には観客も大喜び!私の横の通路を通っていきました。
    出演者のトーク満載もやはりアニメのいいところで、楽しませていただきました。
    雲雀・骸の告白メッセージ(ランボ思案)披露には、女性ファンからの声援がすごかった!

    最後はリボーン・ツナのソロ曲で締め、トークを挟んだ後はラスト曲「ファミリー〜約束の場所」を会場全員で熱唱

    会場からのアンコールの声援に応え、再び出演者がステージに登場。
    アンコール曲は「Sakura Addiction」「Drawing Days」を観客も含め全員で
    熱唱。会場が一体になっていました。
    出演者が退場してから流れたのが「並盛中校歌」
    こちらは一般客が熱唱。
    そして感動と興奮のまま、コンサートは終了。
    私自身アニメのコンサートは初めてでした。
    出演者は歌もしっかり歌って、曲のイメージに合わせ衣装も変え振り付けもされて、練習したあとが感じられました。
    一般的なアニメトークショーでちょっと歌うと言うものではなく、「歌」中心のコンサートという本来の姿を楽しませて頂きました。
    ステージ合間のトークショーもリボーンらしいところでよかったです。コンサートとはいえやはり楽しいトークもなきゃ。
    声優という演者が歌のコンサートをここまで立派なステージにしてくださり、ファンを大満足させていただいたことは、ファンにとってはすごくうれしいことです。コンサートとしてのクオリティも高かったと思います。


    私は1階の通路で、かなり前の席でした。
    出演者を近くで見ることができ、幸運でした。

    今度のコンサートは武道館で!
    | - | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog01.celcima.com/trackback/558159